コロナ禍でのペットケア

news 動物News

初めに

COVID-19は、企業が事業を見直す中で、多くの業界の様相を一変させました。

顧客のニーズの変化への対応に苦慮しているところもある一方で、獣医学では革新的な変化が見られました。

特にCOVID-19は、動物病院のオペレーションやデジタル製品、サービスの変化を加速させ、病院がより効率的かつ安全に高品質な医療を提供できるようにしました。

これらの改善は、コロナのようなパンデミックの際に獣医の専門家やペットの飼い主をサポートするだけでなく、ペットケアの方法にも革命を起こす可能性があります。

ここでは2つの例をご紹介します。

遠隔医療

遠隔医療については、人間の医療現場から多くのことを学ぶことができます。

遠隔医療は、飼い主が、自分のペットがいつ獣医師の診察を受ける必要があるのかを判断するのに役立ちますし、獣医師チームがペットをより積極的にケアするのにも役立ちます。

Banfield Pet Hospitalの調査によると、71%のペットオーナーが獣医師の代わりにインターネットで獣医学的アドバイスを受けており、90%の獣医師は、ペットオーナーが知らず知らずのうちにネット上の悪いアドバイスを受けてペットをより危険にさらすのではないかと心配しています。

遠隔医療は、ペットオーナーが自宅に居ながらにして、信頼できる情報にアクセスし、その情報が正確であることを保証します。

市や県が人との交流を最小限にとどめるよう勧告している今、遠隔医療サービスは獣医チームとクライアントの安全を守るのに役立ちます。

地域が自宅待機命令やソーシャルディスタンスを宣言し続ける中で、バーチャルサービスがさらに大きな影響を与えることが予想されます。

実際、パンデミックのピーク時には、バンフィールド社の遠隔医療サービス「Vet Chat」の利用者が150%以上増加しました。

Vet Chatは、ペットの飼い主がモバイルデバイスやデスクトップコンピュータを使って、昼夜を問わずいつでも獣医師に連絡できるサービスです。

さらに重要なのは、パンデミック後も遠隔医療を継続したいというペットオーナーからの声です。

デジタルソリューション

コロナ禍では、ペットオーナーの要望の変化に対応するため、待ち時間の短縮や個別にカスタマイズされたケアを可能にするソリューションなど、デジタルツールの導入が業界で加速しました。

デジタルでの受付とチェックアウトは、ソーシャルディスタンスを保ち、文書や写真を共有するのに理想的です。

また、オンライン薬局の利用者も増えています。

最後に

パンデミックの発生により、私たちはこれまでとは異なる発想を迫られました。

これらのイノベーションの多くは、動物病院のチームや顧客の健康と幸福を守るという短期的な優先事項に焦点を当てていましたが、これらの短期的な解決策が、獣医師が病院を運営し顧客と交流する方法の長期的な変化へと発展していることがわかっています。

COVID-19は、人と動物の絆がこれまで以上に強いことを明らかにしました。

ペットは、ストレスの多い時期に飼い主を助けてくれます。

このため、獣医業界は、今日のペットオーナーのニーズへの対応を、パンデミック後により強くする準備をしておく必要があります。

参考文献

Please Wait... | Cloudflare

コメント

タイトルとURLをコピーしました