健康犬、歯周炎罹患犬、中咽頭腫瘍罹患犬におけるCBC指標の比較

reading 獣医

目的

健康犬(n = 71)と比較して、歯周炎に罹患した犬(PD)(n = 73)、及び中咽頭腫瘍に罹患した犬(OT)(n = 92)におけるCBC指標に違いがあるかを評価した。

背景

人の研究では、頭頸部の炎症性及び腫瘍性病変においてNeutrophil to lymphocyte ratio (NLR)、platelet to lymphocyte ratio(PLR)、mean platelet volume to platelet ratio(MPV/PLT)、platelet large cell ratio index (PLCRi),が全身性の炎症指標及び診断/予後の指標として証明されてきた。

しかし、獣医領域では未だその評価は限定的である。

検証方法

炎症のバイオマーカーとして

Neutrophil to lymphocyte ratio (NLR),

platelet to lymphocyte ratio(PLR),

mean platelet volume to platelet ratio(MPV/PLT),

platelet large cell ratio index (PLCRi),

が評価された。

結論

PDの犬においてCBC指標は炎症の補助的指標にはならなかった。

OTの犬ではNLR及びPLCRiが炎症マーカーとなる可能性が得られた。

統計方法

Multivariable polytomous logistic regression analysis 

元論文

(PDF) Evaluation of Complete Blood Count Indices (NLR, PLR, MPV/PLT, and PLCRi) in Healthy Dogs, Dogs With Periodontitis, and Dogs With Oropharyngeal Tumors as Potential Biomarkers of Systemic Inflammatory Response
PDF | The aim of the study was to retrospectively assess complete blood count (CBC) indices of dogs with periodontitis (PD; n = 73) and dogs with... | Find, rea...

コメント

タイトルとURLをコピーしました