ペットの肥満蔓延に対処する解決策

news 動物News

バンフィールド・ペット・ホスピタルの最新レポートによると、COVID-19の流行期間中、ペットの肥満がより深刻な問題となっています。

米国ペット用品協会(APPA)によると、昨年は1,100万以上の家庭が新たにペットを迎え入れたと推定されています。

2020年、獣医学の専門家は複雑な課題に直面しました。

新しいパンデミックのプロセスやガイドラインに適応すると同時に、ペットケアサービスに対する需要の急増に対応する必要がありました。

また、家族が自宅で犬や猫と過ごす時間がこれまで以上に増えたことで、ペットを飼うことに対する人々の考え方にも変化が見られました。

COVID-19だけではない、より重い問題

人と動物との絆は、かつてないほど強くなっています。

そのため、分離不安の心配や犬猫の体重増加など、ステイホームがペットに与える長期的な影響について、国民的な議論が行われています。

過去1年間にペットがより一層体重を増やしたという疑いをバンフィールド・ペット・ホスピタルのデータに基づいた新しい報告書が裏付けています。

2020年3月から2020年12月までのデータを見ると、体重過多または肥満と診断されたイヌは2.3%増加しており、これはバンフィールド・ペット・ホスピタルで過去10年間に見られた中で最大の増加です。

犬猫の過体重や肥満の診断は、パンデミックのずっと前から流行しています。

バンフィールド・ペット・ホスピタルでは、毎年受診する何百万頭ものペットの健康記録を分析していますが、過去10年間で、体重過多または肥満と診断された犬の割合が108%増加しており、2011年の16%から2020年には34%に急増しています。

また、猫の増加率はさらに大きく、2011年の18%から2020年には38%へと114%も増加しています。

体重の増加だけではありません

マース・ペットケアの基礎科学センターであるウォルサム・ペットケア・サイエンス・インスティチュートがバンフィールド・ペット・ホスピタルのデータを用いて発表した研究では、標準体重の犬と過体重の犬では寿命に大きな差があることが示されました。

体重過多の犬の寿命は、調査したすべての犬種で、正常犬に比べて短いことがわかりました。

その差は犬種によって異なり、5ヶ月から2年の間でした。

寿命が短くなるだけでなく、体重過多や肥満と診断された犬や猫は、他の深刻な疾患、特に皮膚感染症や呼吸器系の疾患にかかりやすいことがわかっています。

驚くことではありませんが、太りすぎの犬は、整形外科的疾患と診断される可能性が3倍以上も高かったのです。

バンフィールド社の「2021 Veterinary Emerging Topics (VET)™ Report」によると、毎年15万頭以上の犬が変形性関節症(OA)と診断されており、体重が重要な要因となっています。

飼い主の理解を深める

体重過多や肥満の問題は増加の一途をたどっており、獣医師達は専門家として、ペットの体重が気になる飼い主と生産的な話し合いをするための新しい方法を試し続け、効果的な解決策を生み出す強力なパートナーシップを確立する必要があります。

ペットの体重超過や減量の成功には様々な要因がありますが、それらはすべてのペットに共通するものではないため、個別のアプローチを行うことが重要です。

バンフィールド社は、米国の飼い主1,000人を対象に調査を行いました。

その結果、回答者の93%が、ペットの健康的な体重を維持するために、以下のような問題に直面したことがあると答えています。

  • ペットが食べ物やおやつを欲しがったときに、おやつを与えてしまう(46%)
  • 減量のための最適な方法がわからない(30%)
  • 自分の健康状態や運動能力の問題でペットを運動させることができない(29%)
  • 運動に十分な時間がとれない(26%)
  • ペットの食事に十分な注意を払っていない(23%)

最後に

最近のペットフードは、食物繊維の配合を工夫し、ペットの満腹感を持続させることで、おねだりの回数を減らし、ダイエットを成功させています。

ダイエットの成功のためには、ペットにとっての健康的な習慣と栄養学の知識をペットオーナーに提供することが必要です。
診療データを活用することで、ペットとその飼い主のために、より役立つ個別の解決策を提供することができます。

家庭でのちょっとした工夫が、ペットの健康と幸せに長期的な影響を与えることを、人々に理解してもらうことが大切であり、獣医師はその過程をサポートする必要があります。

参考文献

Please Wait... | Cloudflare

コメント

タイトルとURLをコピーしました